福田るいさんのしのぎ

小代瑞穂窯福田るいさんのカップは、手元にしっくりくるちょうどいいサイズ感。小ぶりだけどそのしっかりとした存在感は、一つ一つ丁寧に削られたしのぎ模様にあるのかも知れまえん。釉薬のかかり方や、手触りが個性を引き出してくれます。

呑みものにはもちろんのこと、小鉢として使っても最適です。いくつあってもとても重宝する食器です。

小代瑞穂窯: 熊本県北に位置する小岱山の麓で採れる陶土を使って作られている福田るいさんの瑞穂窯。小代焼唯一の女性窯主で、父の福田豊水さんを継ぐ小代瑞穂窯の2代目です。大学卒業後は益子で、人間国宝である島岡達三氏に師事。小代焼の持つ力強さや藁灰と焼き方にこだわった、福田るいさんならではの素朴で自由な作風、そして女性らしさを感じるバランスに惹きつけられます。